Voicy Journal

アフィリエイトで稼げない、たった一つの理由とは?成約率の上がるブログ記事の書き方を紹介 − KYOKO

アフィリエイトで稼げない、たった一つの理由とは?成約率の上がるブログ記事の書き方を紹介 − KYOKO

この記事は、Voicyパーソナリティ KYOKOさんの放送をもとに書き起こした記事です。
音声でも聴きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみください!

オペレーターとのやりとりから学ぶ、読者が記事を見るのをやめる理由

今回は一貫性を保つことで、成約率の上がるブログ記事の書き方についてお話ししていきたいと思います。

このラジオを聴いてくれている方の中には、サイトアフィリやってますとか、ブログ書いてますとか、自分の店舗やってホームページ持ってますとかいろいろな媒体を持っている方が多いのではないかなと思うんですが、労力がかかっているじゃないですか。時間もかかるし、お金もかかっていると思います。

であれば、そのサイトやブログに読者さんが入ってくれて、読まれず離脱されてしまったら全く意味がないですよね。ですので最後まで読んで欲しいわけですよ。書き手としてはね。そのための大事なポイントはいくつかあるんですが、今回は「一貫性を保つ」ということについてお話しして行こうかなと思います。

一貫性を保つことで成約率がものすごく上がるんじゃないかなと思うんですよね。記事を書くポイントってたくさんあるんですけど、私はこの一貫性を保つことが実は一番大切じゃないかなと思っています。それは自分がユーザーになったときに一番そう思うからなんですよ。

私の体験談をお話しすると、あるサービスに興味を持って、ホームページに載っている電話番号からお問い合わせをしたんですよ。そうするとコールセンターのお姉さんが電話に出て、いろいろ会話をしたんですね。少し再現をすると

KYOKOさん:「ホームページに乗っているこちらのサービスについて、詳しく教えてください」

オペレーター:「まずは会員番号を教えてください」

KYOKOさん:「まだ私は会員になっていないので、登録する前に詳しく聞きたいことがあるのでちょっとお電話させていただきました」

オペレーター:「こちらは会員番号を教えていただかないと説明することができません」

KYOKOさん:「ですから、私はここの会員じゃないんです」

オペレーター:「分かりました。当社には2つのタイプがありまして、どちらをご希望ですか?」

KYOKOさん:「そもそも2つのタイプっておっしゃられていると思うんですが、私その2つのタイプがあることも知らなかったんです。そこから説明していただけますか?」

オペレーター:「お客様のおっしゃっていることがわかりません」

KYOKOさん:「そうなんですね〜。もういいです。」

って言って受話器を置きました。もちろん私はそのサービスを契約することがなかったわけです。この出来事を通して言えることを論理的に話していきますね。

ブログやサイト、ホームページは記事を書いていかなければいけないわけですけど、(読者が)記事を見るのをやめてしまったりする理由って二つあるかなと思っています。

まず1つ目は、聞かれたことに答えていないこと。2つ目は聞かれた事と違う事を返しているですね。

圧倒的にこの2つかなと思っていて、今お話しした私の体験談を掘り返して、私は電話で「そのサービス名って何ですか?」って聞いてるんですよ。それに対して帰って来た答えは、「サービス名・プラン・種類」とかそういう感じだと思うんですよ。そもそもオペレーターの方はペルソナを既存会員の方と決めつけて対応していたじゃないですか。「会員番号を教えてください」って聞いているわけですからね。なのでそこでまず全然違うじゃないですか。なのでオペレーターの方は聞かれたことに対して、的確な答えを返していないということなんですね。

さらに私が聞きたいことは違う答えだったので、もういいやって電話を切ったんですけど、記事で言えば検索結果にブラウザバックしてしまうか、右上の×ボタンを押してしまうようなイメージなんですよ。でもこのオペレーターさんがどのように返してくれれば、私はサービス契約に至ったのかをブログ講座に例えて考えていきたいと思います。

離脱率が上昇する、やってはいけないこと

(書くべきことは)この講座はブログの作り方を学べる講座です。例えばWordPressの立ち上げ方、記事の書き方、SEO対策を学べますとか、他社との違い、専門のコーチがついてマンツーマンで教えます、検索システムがあります、AIが自動でスコアリングしてくれます。価格はいくらですとかクレジットカード払い銀行払いがありますみたいな感じなんですよ。

結局、ブログ講座とは?という質問に対して、ブログの作り方を学べる講座ですという本題をお話したあと、他社との違いをお話ししたり、価格、申し込み方法だったり補足事項を補填してあげているんですよね。

ですので聞かれた質問に対しては詳しく説明してあげて、知りたいであろう補足の情報も丁寧に丁寧に説明してあげればサービス契約に至ると思うんです。まずは一貫性を意識することですね。

私いつも口酸っぱく言っているんですけど、タイトル、問題提起、本論と補足事項とまとめです。タイトルは質問の答えです。問題提起は問題点を明確化をしてあげる。本論の部分ではタイトルに対する答えをしっかりと書いてあげる。補足のところでは、自分が狙っている目標のキーワードに対する潜在ニーズを補填してあげることです。まとめの部分は総論のことです。

こちらの内容から逸れてしまうと「いやいやそんなことを知りたいんじゃない」と言ってユーザーは離脱してしまいます。なのでWebライティングをする場合は結論が一番最初なんですね。WebライティングについてはVoicyでも「#2 Webライターの始め方徹底的にお話しします。」という題でお話ししています。

タイトルの中に狙っているキーワードを含めるのがセオリーなんですが、その狙っているキーワードが記事の下にあればあるほど、離脱率が高くなるんですね。検索ユーザーって思ってるより忙しいんですよ。結論を後回しにすることは Web上の文章では好まれないんです。まずは聞かれたことに対して答える。キーワードに対する答えを微妙なズレを許さないくらい、的確に答えることが大切かなと思います。正直ここが一番難しいんですが。

先ほどの私のオペレーターさんとのやりとりでいくと、本来話されるべきことって、サービスの全体像だったり、特徴、内訳、メリットだったりじゃないですか。私が運営している「副業の学校」サイトアフィリエイト講座では、そんなところまでこだわるの?ってくらいタイトルに対する整合性をめちゃくちゃ追求します。

これが後々ブロガーや実店舗を経営する企業家としてやっていくためには大事な基礎になると思っているからなんですね。ですので、検索キーワードに対する本論を明確に示すだけでは△かなと私は思います。

それを知りたいであろうユーザーが合わせて知りたい情報ことをセットにして書いてあげるとより親切かなと思います。なので質問に対する答えだけで終わってしまっては契約に至らないんですね。少なからずそのサービス内容について私は問い合わせているわけですからね。内容が気になっていたり、よければ契約したいなと思っているはずなんです。他社の比較とか、お申込み内容とか申し込み方法とか合わせて知りたいことですよね。これを補足事項として入れてあげることで記事に流れができて、最後まで読み進めてもらうことができるんですね。

なのでブログやサイトを書く際は、書いている途中、そして書き終わった後、全部チェックして欲しいんですね。タイトル、問題提起、答え、まとめ。この4点にブレがないか。整合性が取れているか、一貫性が保てているか、そちらを意識して書いて、見直しをかけてください。読んでみて少しでも辻褄が合わない部分があるなら、書き直した方がいいと思います。

Return Top