Voicy Journal

Voicyパーソナリティが「眠り」について語る。koalaとVoicyの特別企画がスタート!

Voicyパーソナリティが「眠り」について語る。koalaとVoicyの特別企画がスタート!

9月3日(金)は睡眠の日。この日より10日間、寝具・家具ブランド「コアラマットレス」とVoicyがコラボし、「#私にとって眠ること」というトークテーマでパーソナリティから放送を募る特別企画がスタートしました。

おうち時間が増えたこの1、2年で、睡眠スタイルが変化したという方も多いのではないでしょうか。
もともと日本人は睡眠時間・睡眠の質ともに世界各国と比べて非常に低く、十分な睡眠が取れていないと言われています。(注1)

​​
(出典:ITビジネスオンライン「日本人の平均睡眠時間は「世界最短」 ショートスリーパーの割合も最多に」)

さらにコロナ禍による外出自粛・在宅勤務への移行などにより、遅寝遅起きの夜型になった人が増加(注2)。また、2020年の調査では約3割の人が「コロナ後、睡眠の質が下がった」といった調査結果がございます(注3)。

睡眠は、日中の仕事の生産性や生活の充実にも関わる重要な要素。長引く外出自粛の影響で、自分でも気づかないうちに睡眠の質が下がっている人も多いかもしれません。

そこで、より良い眠りを追求してきたコアラの「自分の睡眠スタイルを改めて考えるきっかけにしてほしい」という想いから、この企画を実施することになりました。

睡眠の好みや悩みは人それぞれ。「これが正解!」というものがないからこそ、パーソナリティが眠りについてどう考えているのか聞いてみることで、日々を健やかに過ごすヒントがきっと見つかるはず。

放送を聴いて、「私にとって眠ること」とは何だろう?とぜひ考えてみてください。

企画詳細

トークテーマ
「#私にとって眠ること」というテーマで、眠りについての考え方や、良い睡眠のために意識していることなど、Voicyパーソナリティが独自の視点で語ります。

実施期間
2021年9月3日(金)から9月12日(日)までの10日間

聴取方法
VoicyのアプリまたはWebのトップページの特集カテゴリよりお聴きいただけます。

「New コアラマットレス」のプレゼントキャンペーンを実施中!

この企画と連動して、今年8月に発売されたばかりの高性能マットレス「New コアラマットレス」を、1名様にプレゼントするキャンペーンを実施しています!

「#私にとって眠ること」について語ったVoicyの放送を、Twitterでシェアすることでご応募いただけます。
※Voicyの公式Twitter(@voicy_jp)をフォローの上ツイートしてください。
※ツイートに、「#私にとって眠ること」「#Voicy」という2つのハッシュタグを挿入してください。

こちらの記事で詳しい応募条件をご確認の上ご応募ください!
【キャンペーンの応募条件について見る】

コアラについて

この企画は、New コアラマットレスシリーズを提供する寝具ブランド、Koala Sleep JapanとVoicyのコラボでお届けします。
コアラは、『良質なものを身近に、手軽に、気持ちよく』をミッションに、睡眠から日常の暮らしまで快適なライフスタイルを提供するブランドです。
2015年にオーストラリアで創業、2017年に日本へ上陸。マットレスの上でワイングラスを置いてジャンプする動画など、ユニークなコンテンツがSNS上でも話題になりました。
また、いち早くD2Cビジネスモデルを採用するブランドとして、常に最新のオンラインショッピングの顧客体験を提供しています。寝具事業の主力となるマットレスは、市場調査を常に実施し最適な硬さを追求、日本の高温多湿な気候に合わせた設計を施し、最高の眠りを提供しています。
今年2021年8月には、新商品「New コアラマットレス」と「New コアラマットレスBREEZE」を発売。マットレスの上層部を裏返すことで自分好みの寝心地を選ぶことができる、これまでの常識をひっくり返すマットレスです。
商品を詳しく見る


(注1)日本人の平均睡眠時間は「世界最短」 ショートスリーパーの割合も最多に
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2105/01/news017.html
日本人の睡眠スコアは世界最下位、平均筋肉量も減少 フランス企業の調査で判明
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2108/03/news052.html
(注2)コロナ禍の外出自粛により生活リズムが変化~3万人規模の調査成果~(早稲田大学)
https://www.waseda.jp/top/news/70080
(注3)コロナが睡眠に及ぼした影響アンケート結果【約5割が睡眠時間に変化!3割が睡眠の質低下】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000062932.html

Return Top