Voicy Journal

澤円さんが語る「話が長い人」の特徴と改善策。話を短くするためのポイントとは

澤円さんが語る「話が長い人」の特徴と改善策。話を短くするためのポイントとは

この記事は、Voicyパーソナリティ 澤円さんの放送をもとに書き起こした記事です。
音声でも聴きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみください!

話が長い人は「全部説明しなきゃいけない」という思い込みを捨てる

いかがお過ごしでしょうか?澤でございます。

昨日Twitterで結構話題になっていたんですが、とある政治家のおじいさんの発言がめちゃくちゃひどかったんですね。ですので本当はそれをコテンパンにこき下ろしたいところなんですが、そういうことは品がないので、少なくとも「福音ラジオ」じゃなくて、やるとしても「悪魔のささやき」の方かなと思っています。なので今回はちょっと置いといてですね、その話題の中からキーワードだけピックアップしてお話をしようと思います。

そもそもとある政治家さんの発言っていうのは、「会議が長くなる」っていう趣旨が含まれてたんですけれども、会議が長くなる、つまり「話が長くなる」というところだけ抽出して考えてみようかなと思います。話が長い人って周囲にいたりしませんかね?僕の周りにはかなりいるし、「私どうしても話が長くなっちゃうんです。どうすれば良いですか?」という風に僕に相談をしてくる人もいるんですね。なんで話が長くなるのかが分かれば対処のしようもあるんですが、分からないとどこから手をつけていいか分からないんじゃないかと思うんですね。

話が長くなる要因っていうのはあげればキリがないと思うんですけれども、まず一つ目。

これは性格が素敵な人も含まれるかもしれないんですが、コンテキスト・背景・文脈の全部を説明しなくてはならないというふうに思って、一生懸命わかってもらうために頑張って説明をしている。そうするうちにあれもこれもと思い始めてどんどん話が長くなるっていうパターンですね。これはすごく丁寧な性格だったり、本当に相手の事を思いすぎてしまってやってる場合もあるので、必ずしも非難されるようなものでもないと思うんです。

ただし、話が長くなるというのは決してポジティブに受け入れられるとは限らないので、やっぱり考えものなんですよね。そういう人たちの原因というのは、全部分かってもらわないと自分の結論が理解されないのではないかという心配から来ていると思うんですが、人は人の話を全部理解するっていう風にできてないんですよね。結論を知って、それが自分に関わることであれば興味を持つという風にできていますので、なるべく早く相手が興味を持ちそうな結論を提示する。それが理解されていないようであればそれに説明を付け加えるという順番にすると話はかなり簡潔にまとまる可能性があるんですよね。

話が長い人がしゃべってるのをずっと聞いてると、最初の方で何を話したかが分からなくなっちゃうんですよね。そして大抵、あれもこれもで説明を始めると、話があちこち飛んだりしますので結局何の話だっけっていうのは分からなくなると。下手すると話している本人も分からなくなったりする訳です。それは長くなるわっていうことで、まず全部説明しなくてはならないと思い込んでいる人は、まずその呪縛から解放されて、それは無駄であるとまず自分で否定してみてください。

つまり何もかも説明をしたところで相手が理解してくれないっていうふうに思えば、無駄なことをする気が起きなくなってくるんじゃないかと思うんですね。これは毎回しゃべる時に自分に呪文のように唱えてみてください。相手は自分の話を100%理解することはない。ですので、これだけは理解してほしいと言うキーワードだけにフォーカスをして、それだけをまず言ってみると。言った上で、それはどういうことなのかを部分的に開示していくってやり方を試してみてはいかがでしょうか。

最初のうちは、やっぱり全部説明しないと分かんないじゃんっていう風に思うかもしれないんですけれど、長く話しをしたからといって、相手は理解していません。それどころか、理解云々の前にこいつは話が長い奴だなという印象だけ持たれてしまって、できる限りこいつと話しをしたくないと思われる可能性があるんですね。

特に、忙しいビジネスパーソンあるいは決裁権限を持っていたりする人は話が長い人をかなり嫌う傾向があるんです。そういう権利を持ってるにも関わらず話が長い人も中にはいますけど。ただ、どうしても話が長い人はいろんなチャンスを逃しやすいわけです。そういった人は、とにかく結論ありきで話をするトレーニングを日々積んでもらえるといいんじゃないかと思います。

話を長くする権利があると思い込む人

そして次のパターンなんですけど、これは厄介なんですね。私には話を長くする権利があると思い込んでる人。これはおそらく何言っても無駄なんですね。そもそも、こういう人は僕のこの話を聞いても自分は関係ないと思いますからね。自分はそんなに話が長くないとか、もっと厄介なのは自分はいくら長く話をしても相手は喜んでいるっていう極めておめでたい錯覚をすることができるんですよね。これある意味羨ましい能力だと思うんですけど、それぐらい自覚がない人はつける薬がほとんど無いと言ってもいいぐらいなんです。本当、そういう人って結構いるんです。

とある講演でプレゼンテーションのトレーニングをさせて頂いたんですが、そこにはいろんな会社の社長さんだったり、元市議会議員の方とか割とシニアな方がいらっしゃったんです。ほとんどの方は僕のアドバイスを試してみようという感じで真摯に受け止めてくださって、3分間のピッチにチャレンジしていただいたんですが、みなさん「よし!3分で納めてやる」って感じで一生懸命頑張ってくださったんですね。

けれども、とある元市議会議員のおっさんがですね、もう完全に時間を無視して、5分経っても全然話をやめないんですね。最初から話をまとめる気なんてなくって「これ完全に時間無視してるな」って思った時にある方が何かを落としてガシャンという音がして、その人の言葉が止まったんです。その隙に司会者の人が「はい!そこまで!」みたいな感じで止めてくださったんですね。

その回のファシリテーションをして下さった方は僕以外にいらっしゃって、その方がじゃあそこまでにしましょうかって止めてくれて、どうにかまとめてくれたんですが、そういう人は自分の話を黙って聞いてくれる人に囲まれてしばらく時間を過ごしちゃったタイプの人なんですよね。さらには無尽蔵に時間を使って話をしても、文句言われない環境が周囲に満ち溢れていた状態。

なので、そういう人は話をどっかで切らなきゃいけないっていう自覚がそもそもかけている状態になります。もっと言えば、短い時間で単刀直入に言わなきゃいけないとか、他人の時間っていうのは借りていて、価値を付けて返さなきゃいけないしそれが等価でなければならないという意識が全然ないんですね。なので勝手に自分の話には価値があると思いこんで、すごくつまんない話であってもウキウキしながらしゃべり続けちゃうってそういうタイプです。

これはですね、はっきりいいます。つける薬無いです。本人が自覚しない限りもうどうしようもありませんので、そういう人たちに時間を盗まれないようにできる限り距離をおくに限りますね。

話が長い人から、自分の身を守るために

不幸にも自分の所属している組織のトップがそうだとか、自分の上司にあたる人がそうだっていう場合にはどうしましょうかね。いろんな手があります。「うるせえ、ばか黙れ!」っていう風に怒鳴ると人間関係に決定的な亀裂が入ってその人は口が聞けなくなる状態になりますんで。これが一番手っ取り早いかもしれないですけどリスクが高すぎますのでやめておきましょう。

例えば、短く話をした時に絶賛するとかですね。「今日の話分かりやすかったです!あれぐらいにまとめて頂けると本当にバカな僕でも分かるんです!」って自分をちょっと卑下するような形にして持ち上げる方法もありますし、「隣の部の部長、すごい話が長いって評判なんですよね。〇〇さんはぜひ、3分でビシッと決めてあの部長よりもはるかにいいってところ見せてください!」ってそそのかすとかいろんなやり方があるかなと思います。

僕はサラリーマンを卒業してしまっているんでそういう本質的でないことに時間を使うということはもはや無理な体になっちゃってますけど、まだまだ組織で頑張るぞという方にとってはこういうアクションが事と次第によってはものすごく身を助けたりとかしますので、そういうテクニックを使うのもありかもしれないですね。

Return Top