Voicy Journal

国内最大級の音声プラットフォームVoicyで配信される放送を、テキストでもお楽しみいただけます!

【質問】視力はトレーニングで回復しますか?

【質問】視力はトレーニングで回復しますか?

この記事は、Voicyパーソナリティオガトレさんの放送をもとに書き起こした記事です。
音声でも聴きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみください!

鍛えられるかは目の状況次第

まず結論からお話しすると、専門外です。なので的を射た回答はできません。ご了承ください。ただ「目は筋トレで鍛えられるのか?」についてならお答えできます。それが視力回復にまでつながるかどうかは専門外です。誤解を招いたり危険が伴うので僕が答えることができません。

「目は筋トレできるのか?」だけについてお話ししていきます。

まず視力回復トレーニングというのがあると思います。これで近視や視力の低下を鍛えることは一部可能という認識でOKです。では、一部というのはどういうときなのでしょうか。

そもそも近視には仮の近視と本物の近視があると言われています。仮の近視とは目の疲れや酷使によって目の周りの筋肉が疲労し、霞んで見えるなどの症状です。こんなとき、目の筋肉をほぐしてあげることで調整がうまくできるようになり、ピントが合うようになる効果はあります。

ただ、本物の近視になってしまったときはほとんど効果がないと言われています。小さい子、高校生や中学生年代で目が疲れているときには効果があると言われていますが、大人になってからの症状にはなかなか難しいと言います。

ピント調整に関係する2つの筋肉

1つは毛様体筋。目の中には水晶体というレンズのようなものがあるのですが、ここでのピントを合わせなどの調整に使う筋肉が毛様体筋です。そしてもう1つが眼輪筋。これは目のまわりを覆っている筋肉です。これらの働きによってある程度ピントが合う、調節されます。

よく「遠くを見たり近くを見たり、いろんなもの見たり、目をいろんな角度に動かしましょう」と言いますが、この2つの筋肉をトレーニングしているんです。

ただ、あくまでもトレーニングは目の疲れや目の酷使には効果的という理解でいてください。実際に下がった視力の回復は難しいと思います。気になる方は病院に行くのが一番早いかなと思います。ご検討くださいませ。

Return Top