Voicy Journal

内股の原因は「かかと」だった!?今すぐできる簡単なストレッチで改善 − オガトレ

内股の原因は「かかと」だった!?今すぐできる簡単なストレッチで改善 − オガトレ

この記事は、Voicyパーソナリティオガトレさんの放送をもとに書き起こした記事です。音声でも聴きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみください!

かかとが内側に傾いている人に有効なストレッチはありますか?

こんにちは。オガトレです。

この番組は体が硬くて困っている人をゼロにするため、YouTubeに動画を上げたり、本を書いたりしている僕、オガトレが理学療法士の知識で皆さんの体と心の悩みを解決するラジオです。質問はYouTubeのコメントや、SNSのDM、 Voicyのコメントで募集しています。ラジオネームを添えて、コメントしてください。

ラジオネーム「おまめまま」さん。こんにちは。

質問ですが、かかとの角度が内側に傾いている人に有効なストレッチはありますか?子供私も同じような感じで歩いているところを見ると、極端な内股っぽく見えます。
この間、私は足の測定をお店でしてもらったのですが、平均の倍くらい、かかとが内側に傾いていました。偏平足で足の裏、足の底も内側が削れていきます。かかとのストレッチを教えていただけると嬉しいです。

ということで、おまめままさん、ご質問ありがとうございます。

かかとが内側に傾いている人は、ストレッチで治せる!

質問をまとめますと、かかとが内側に傾いている扁平足内股のような姿勢になっている場合、どういったストレッチしたらいいですかという質問ですね。答えていきます。

結論からお話ししますと、トレーニングをした方が良いです。

このかかとが内側に傾いて、ってどういう状況かというと、かかとの内側、足首の内側に付く筋肉が弱いというのがね、メインの原因になってきます。

後脛骨筋(こうけいこつきん)ね、後ろのすねの筋肉。この後脛骨筋は後ろにあるんですよね。ふくらはぎの硬い三頭筋の奥にあるんですよ。でそこから足の裏に、下にグッと下がっていくんですけど、その時にうちくるぶしの方を通るんですよね。

かかとの内側を通ると、かかとには、ちっちゃいフックみたいな、突起がついていて。そこに後脛骨筋のフックみたいなものが引っかかって、かかとを安定させているんです。で後脛骨筋が弱いと、このかかとを安定させられない、内側の安定性が落ちてしまうので、かかとが内側に傾くということが起こってきたりします。

なので後脛骨筋、この筋肉のトレーニングをしてあげるといいですね。

後脛骨筋に有効な足を組んだストレッチ

めちゃめちゃ簡単なやり方を一緒にやってみましょう。

足を組んで座ってください。足の親指側をぐっと天井に向かってあげます。指先ですね。かかとも、少し一緒にあげてもいいです。

足の内側全体を天井に向かってぐっと上げていく。そうすると、内くるぶしのあたりが、かかとあたりに少し「効いてるな、筋肉使ってるな」という感じがすると思うんですね。

できるだけ高い所まで上げて下ろすっていうのを30回、毎日やってみましょうか。そうすると、だんだんとかかとの角度が変わってくると思います。ぜひ試してみてください。

ということで、おまめままさん、ぜひね、お子さんにもやらせてあげてください。そしたらお子さんは、裸足でたくさん運動させてあげるといいと思います。おうちの中を裸足にしてあげたり、あとは砂浜に行って遊んだりとか。暖かくなったら、そういった感じで裸足でたくさん走らせてあげるっていうのを試してみてください。

はい、ということで、質問ありがとうございました。
今日も1日、自分を大切にご自愛くださいね。 じゃあね。

オガトレさんがカラダの悩みを解決してくれる、おすすめ記事はこちら

Return Top