Voicy Journal

腕を上げて寝る「バンザイ寝」の原因とは?オガトレさんおすすめのストレッチを紹介

腕を上げて寝る「バンザイ寝」の原因とは?オガトレさんおすすめのストレッチを紹介

この記事は、Voicyパーソナリティ オガトレさんの放送をもとに書き起こした記事です。
音声でも聴きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみください!

肩甲骨の硬い人向けのストレッチをしても、肩が痛む原因とは?

【質問】
肩甲骨の超硬い人向けの動画について質問させてください。
特に③僧帽筋中部ストレッチをしても伸びる感じはなく、むしろ肩の付け根が痛みます。なぜでしょうか?ちなみに私は毎日無意識に両腕バンザイ寝をしてしまう癖があります。朝起きた時に腕を下ろすのがかなり痛いです。昔から猫背で肩こりがずっとあります。

そのせいかゴリっと骨の方向を変えないと、腕を一周回せません。俗に言う四十肩というものなのでしょうか。20代なのに。姿勢を正したり、ストレッチをしたり気付いた時にはしているつもりなのですが、痛みが減ったり可動域が広がる気配がありません。何かお勧めの改善方法はありますか?教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

【オガトレさんの回答】
質問をまとめますと、上半身のストレッチや筋トレを頑張っていて、肩甲骨超硬い人向けの動画をやっているんだけれども、僧帽筋中部腰のトレーニングが伸びる感じがなく、肩の付け根が痛みますと。その原因を教えてください。そしてバンザイ寝の原因についても教えてくださいということですね。答えていきます。

まず結論からお話すると、肩甲骨周りがとても硬いので僧帽筋中部のストレッチがうまくできません。そしてバンザイ寝をしてしまいます。この二つの原因は一緒です。肩甲骨周りの動きが固いからです。

じゃあどうやってほぐしていくのか、どういう流れでやるのがいいのかを深掘りしてお話ししていきます。
まず、なぜできないのかを確認しますと僧帽筋中部のストレッチは僧帽筋上部と広背筋の筋肉が柔らかくないと厳しいです。なので昔の肩甲骨超硬い人向け動画では僧帽筋中部のストレッチは割と早めにやっていたんだけど、最新版の方はちょっと後ろに順番をずらしています。

そのぐらい、僧帽筋中部は伸ばすのが難しくて、最新版の方では簡単にできるように変えているので、もし昔の方を見て頂いていれば最新版の方を見ていただけるとやり方書いてありますので試してみてください。手の位置を変えて、拳を腰に当てるという方法で紹介をしています。

肩甲骨周りが固い人におすすめのエクササイズ

バンザイ寝の原因ですが、これも肩甲骨周りが固いのが原因になったりします。多くの場合、なぜバンザイをしてしまうかと言うと、バンザイをすると僧帽筋上部、肩甲挙筋が縮むんですよね。広背筋は伸びるけれども僧帽筋上部、肩甲挙筋など肩こりの原因になる筋肉が縮むんですよ。何で縮ませようとしているかと言うと固いからなんです。背中の筋肉って、伸びたまま固くなることが多いです。そのままだと体にストレスがかかってしまうので、定期的に縮ませたくなるんですよね。

皆さんも経験あると思います。猫背でデスクワークをしていてなんとなく肩にグッと力を入れたくなったりとか、肩甲骨寄せて胸を張ってぎゅっと力を入れたくなったりとか、首を回してポキポキを鳴らしてみたくなったりとか、なんとなく頭をぐっと後ろに引きたくなったりとかすると思うんですよ。これは僧帽筋上部と肩甲挙筋を縮めてあげたいと言う体の反応なんです。それが寝てる間に無意識に起こっていると。寝返りがうてない環境で寝てたり、寝相がよくない状態で寝てしまっている。枕の高さや寝具の環境の要素も入ったりするんだけど、そういった状況だとバンザイしたまま戻ってこないパターンがあります。 広背筋が伸びっぱなしで固定されてしまうので、今度は逆に広背筋にストレスがかかって、痛くて戻しづらいみたいなことが起こってくるんですよね。なのでバンザイ寝の原因は、肩甲骨周りの硬さということになります。

質問者さんの場合、肩甲骨周りが固いんですよね。なので肩甲骨はがしとか、肩甲骨のエクササイズをやってあげるのがいいんじゃないかなと思います。

肩甲骨超硬い人向けの動画の中で、TエクササイズやWエクササイズとか、肩甲骨はがしの動画でカマキリエクササイズとか色々エクササイズがありますが、そういった動かす系のものを取り入れていくのもいいんじゃないのかなと思います。

僕の動画で言うと背中とか二の腕の音ゲーの動画だとそういった動きをエクササイズ的な感じでできるので、ぜひ「オガトレ 音ゲー 二の腕」「オガトレ 音ゲー 背中」とかで調べてもらって、やってみてください。おすすめは10分間の二の腕の音ゲーの動画あるので、それを試しにやってみてくれたら嬉しいです。

Return Top