Voicy Journal

国内最大級の音声プラットフォームVoicyで配信される放送を、テキストでもお楽しみいただけます!

また会いたい人になるためのコミュニケーションの基本。相手の前にまずは自分を理解できていますか? − LILY

また会いたい人になるためのコミュニケーションの基本。相手の前にまずは自分を理解できていますか? − LILY

この記事は、VoicyパーソナリティLILYさんの放送をもとに書き起こした記事です。音声でも聴きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみください!

コミュニケーションの基本

コミュニケーションの基本について話をします。

なんでこの基本を話そうかなと思ったかというと、主人と温泉に行ったんです。本当に3日ぐらい前に、主人が急に行こうと言ってくれて行ったんですけど、行先が初めて2人でデートした場所だったんです。初めてデートしたときに日帰りで行った温泉地があって、そこでイタリアン料理を食べて帰った思い出があるんです。その後すぐ付き合ったので、結構私たちにとってはゆかりのある場所というか、凄く思い入れのある場所です。そこに一緒に行ってきました。

そのイタリアンレストランにも、またもう1回行きました。あのとき何頼んだっけ、みたいな「このやりとりなんやねん」という、なんかちょっと初々しい感じで。旅館に泊まっているにもかかわらず、旅館のご飯を食べずにそっちに行ったわけです。旅館のご飯も食べたかったけど、でもやっぱり思い出をもう1度振り返って、あのもどかしい時間を過ごすために主人とそっちを選択したんです。

多分営業の人にすごくためになる1つの話でもあると思うので、ぜひ参考にして頂ければなと思います。

また行きたいお店と1回でいいお店の違い

行き続けたいと思う店と、1回でいいかなってお店って絶対何か違いがあります。

その中の1つは、お客様の心に寄り添うこと。基本的な感じで言うとコミュニケーションの基本は、相手を理解することだと思っています。これっていろんなところに使えて、もう全てに対してそうで。自分の気持ちも大切ですけれども、やっぱり対、人なので。人のことを大切に扱えないといけないと私は思っています。

そのお店に入った時に、イタリア料理のお店が観光地やからこそ、ウェイターさんとかって結構フランクに話したりとかもするかなと思うんですけど。マニュアルがなさそうな店だけど、でもマニュアル通りの本当に決まったことしかしゃべらなかったり、決まったところにしか目が行き届かなかったりとかするお店だったんです。

主人とも「前もこうやったっけ?」そんな悪い印象なかったんで聞いたら「いや多分前はお互いお互いのことで必死すぎて、周りに目が向いてなかったけど、でもやっぱり実はこうやったんちゃうか」っていう話になって。あの1回目ってだいたいなんかドキドキして、すべてが良い印象だったりとかするけど、2回目行ったときになんかがっかりすることって私も多々あって。

そういう経験を今回またしてきました。コミュニケーションの基本というのは、相手を理解することだから。想像を超えるような接客だったり、想像を超えるようなその人に寄り添う心っていうのを持ってあげると、やっぱり相手も気持ち良くなってまた来たいとか、またこの人と会いたいって思うんですよね。

自分のことを客観的に評価できないと相手を理解できない

でもこの原因は、その人が自分に対して興味が無かったり、自分のことを理解してなかったりすると、相手を理解することなんてそもそも無理で。

人間関係の付き合いをずっと悩み続けている人は、大体自分を卑下したり、責めたりしてる人がやっぱり多いなという印象を受けます。私の人間関係がうまくいかなかったときは、自分のこと嫌いだったり、何かあったら自分を責めたりしてたんですけど。やっぱり自分を客観的に見る癖をつけて、自分のことを認めたり大切にできるようになると、相手を心から認めるようになったなとすごく思います。

自分のことが嫌いだけど相手と上手くいってるとしたら、それは心から上手くいってる関係じゃなくて、どちらかというとスキルというか。「こうやって言ったら、この人うまくいくんじゃないかな」とか「こうやって言ったらこの人喜ぶじゃないかな」というのが先行して、何か1つの手法としてやってしまってるんじゃないかなと、過去の自分を見て思います。

私も「この人こうやって言ったら喜ぶちゃうかな」と思っただけでなんかしゃべってたから。でもそうじゃなくて、本当に1番は自分を客観的に見る癖をつけて、お相手も理解できるようになっていくと、すごくいろんなことが変わってくるんじゃないかなと思います。

質問をして自分と相手と向き合う

じゃあ相手とはどうやって向き合ってたらいいか、自分とはどうやって向き合っていくかってなったときは、自分に対する質問をより多く増やしていくのがやっぱり大切だと思っています。

質問をすると客観的になれるので。どんな質問が良いのかは自分で1回調べてみてください。結構今ネットにも載っていたりするし。今、オンラインサロンとか、私が質問することでそれを自分に問いかけてもらうという練習をしてるんですけど、やっぱりそこがまず基本です。

人は自分のことしかコントロールできないけど、自分のコントロールが出来ない方がすごく増えてるなと思うので。まず相手との関係を良くする前に、自分との関係をよくする。それは人間関係、仕事場だけじゃなくてもそうだと思っていて。私は、恋愛も自分との関係が上手くなったときにはじめて、恋愛というものが対、人としてのコミュニケーションが上手くいったような気がします。

なので、相手を思いやることの前に相手を理解するのが大切で、なおかつそれをするには自分をまず理解するというのを知ってもらえたらなと思います。

Return Top