Voicy Journal

国内最大級の音声プラットフォームVoicyで配信される放送を、テキストでもお楽しみいただけます!

貯めると増えると思ってない?お金は使わないと増えない!お金を増やす使い方とは − 大河内薫

貯めると増えると思ってない?お金は使わないと増えない!お金を増やす使い方とは − 大河内薫

この記事は、Voicyパーソナリティ大河内薫さんの放送をもとに書き起こした記事です。
音声でも聴きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみください!

お金は貯めると減る、使うと増える

日本人のほとんどはお金は、貯めると増えるんじゃないかと思ってる人が多いと思うんです。お金を増やす方法は2つあるかなと思っていて、1つは皆さんご存知「稼ぐ」。これはもう生活の基盤だから疑う余地もないというか。まずはじゃあ何をはじめますか?社会人になって何をしますか?って言ったら仕事しないといけないですよね。フリーランスだろうがサラリーマンだろうが、仕事をして対価をいただいて、それを生活費に充てて。なので生活費にすぐお金が消えてしまうんだけど、一瞬お金は手元に増えるじゃないですか。なので「稼ぐ」っていうのが1つ。

もう1つ、ほとんどの日本人がやるのが、そのお金で余った余剰資金を「貯める」ってことです。「貯める」と減ります。ここも覚えてほしいところです。マネーリテラシーを高めていって、人生をうまく波乗りすることにおいては「お金は貯めると減る、使うと増える」ってことは強く意識した方が良いです。

お金を貯めると減るメカニズム

まずは、貯めると減る。全部が全部そうではないんだけれど、この可能性はかなり高めということを学んでほしいなと思います。

お金を貯金してる人、多分いると思うんですけど、僕も当然銀行にお金を預けてあります。なぜなら銀行から出して、振り込みとかで売上の受け取りとか、それが銀行が楽だからってことです。銀行以外の手法があるのであれば、僕は喜んでそれを使います。なぜなら、銀行にお金を置いておくとお金は減るんです。

まずわかりやすいのが手数料です。例えばコンビニで引き出すとき、まあ0円ということも最近増えてきたけれども、手数料がかかります。どんなに少なくとも110円とか、210円とかかかるわけです。あとは銀行ATM。例えば三菱UFJの銀行を持っています、お金が入っていますと。平日はそのATMでおろせばねいいですけど、深夜帯とか手数料かかったりするじゃないですか。それがまあ110円とか、多いと330円とかかかる。その事実を知らない人はまあ居ないと思う。でもしっかりと受け止めている人は少ないと思います。

お金を預けるという行為と比較してほしいですね。お金っていうのは、ほとんどの場合が使いますから、普通預金に預けていると思います。でも普通預金の利息って0.001円なんですね。100万円を普通預金として1年間預けておくと、10円しか増えない。0.001%だから。1000万円だったら100円増える訳です。でもATMで手数料を取られない人って、なかなかいないと思うんです。1年間1度も取られませんでしたみたいな。なんだかんだでコンビニとか、深夜帯にお金をおろしちゃったとかで取られると思うんです。そうしたらもうお金減ってますよね。銀行を使った分の手数料が減ってるわけです。

昔は普通預金の利子が3%とか5%の時代もあったわけです。40年前とか考えると、その頃は本当にお金を預けておくと増えたんです。なので貯金をすると増えたし、貯金をしてたら減るなんてことはなかったんです。我々は昔の感覚を刷り込まれているので。だから、お金は貯金をすると減っていくってイメージは持っておいたほうがいいです。

インフレを理解する

あとはもう1つ、ちょっと難しいけどインフレはしっかり意識しておいた方がいいと思います。インフレと聞いてなんとなく内容はみんな分かると思うんです。物価が上がっていくことでしょうって。日本は政府として、インフレは毎年2%ずつ上昇するように、インフレ率っていうんだけど、それを目指している。そうすると100円で買えたものが、来年102円になるわけです。

でも普通預金って、100円で預けといたら来年増えないですよね。100円のままです。だって0.001%しか増えないんだから。100円で買えたものが102円になっているのに、貯金の残高100円のままなんですよ。実質的にお金減ってますよね。なので、貯金はお金が減るリスクがかなり高いということは覚えておきましょう。

自己投資にお金を使い、お金を増やす

そして次、じゃあお金はどうやって増やすというと、使うんです。使うと増えるんですよ。事実上もうこれしかなくて、これも当然リスクがありますよ。使い方によっては使ったんだから当然一回減りますから。減りっぱなしってこともよくあるんだけど、でも長期的に見たら増えることは当然あるわけです。その代表例が投資。これは金融投資、株式とかを買うだけではなくて、自己投資も含みます。そして自己投資の方がリターンは大きいので、その話をします。

自己投資っていうのは、例えば副業を始めるから給付金でMacBook Proを買います、みたいな感じです。給付金10万円もらえますよね。僕はYouTubeで、MacBook Proを買って(まあ10万円以上全然するけど)、で副業を始めましょうという話をしたんです。その動画を見て多くの方が副業を始めてくれて、今や副業で稼いでる人はたくさんいるんです。

どういうことかというと、例えばMacBook Proを30万円で買いましたと。その瞬間は30万円お金減ってますよね。でも、それを買って頑張って副業を始めて半年後に月3万円稼げるようになりましたと。で月3万円稼げて来月まで頑張れば、またおそらく稼げるじゃないですか。そうすると自分の中で月3万円がスタンダードになる。そうすると10か月あれば30万円。最初に払ったお金が回収できるじゃないですか。そしてそこからはプラスです。これがお金が増えるロジックです。

お金の遣い方を自己投資に回すと、お金増えるんですよ。事業をやるとか、脱サラして独立して起業をするとかっていうのは、基本的にはこれですね。日常にこう成功体験というのがあって、それはお金を大きくするっていう話なので、この感覚を忘れてほしくないなと思います。だから1000万円を使って1億円を稼ぐとかが、会社がやっていることです。研究開発にものすごい資金を使って、それで回収していきますね。

まとめ

まとめると、お金っていうのは使わないと増えないです。貯めておくと増えるっていうような感覚はダメで、貯めておくと増えるのがなんで違うかというと、そもそもインフレ率に負けるっていうこと。あとは銀行に預けておいて、たった1回の引き落とし手数料で預金の利息1年分が飛んじゃうということです。

お金は「使うと増える、貯金をすると減る」。これは合言葉のように覚えておきましょう。そのリスクが、可能性が高いです。

Return Top