Voicy Journal

国内最大級の音声プラットフォームVoicyで配信される放送を、テキストでもお楽しみいただけます!

オンラインサロンは依存している人の集まりなのか?運営して分かった依存と自立 − LILY

オンラインサロンは依存している人の集まりなのか?運営して分かった依存と自立 − LILY

この記事は、VoicyパーソナリティLILYさんの放送をもとに書き起こした記事です。
音声でも聴きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみください!

オンラインサロンは、依存している人の集まり?

この3年色々あったんです。何があったかというと、オンラインサロンの中ではぶっちゃけ何にもないんですよ。ものすごい穏やかで、介入してくださる方達はもうびっくりするぐらい暖かくて、こんなにあったかい人たちって世の中に居るんやなって思うぐらい。

温かい心とか、愛に溢れた言葉って日常では出す機会がなかったり、本当は思ってるけど言えなかったりするんですが、サロン内であればみんな大体そういうことを言ってるので、自分の良心が引き出されるんですよね。何が言いたいかというとこの3年間、オンラインサロン内で一度も揉めたことがないんです。誰かが傷ついたとかクレームとか、1回あったかな?ぐらい。その1回もクレームだったのかな?と思うぐらいのクレームだったんです。なので本当になかったんですよね。

じゃあ、私がこの3年間色々あったというのは何のことを言ってるかというと、オンラインサロンに対する見方。世間の見方と、そういうものに出会ってこなかった人達の言う事。あとはオンラインサロンの楽しみがわからなくて退会していった人たちからもらったフィードバックとかですね。

頂いたフィードバックとか、オンラインサロン自体が何か分からず、今まで普通にビジネスをしてきた経営者の先輩方とかにはボロカス言われてきてたんですよ。「自分を応援してくれている人たちを味方につけて何かするって、どうなの?」みたいな感じで。結構言われてきたんです。

「LILYに依存してる人たちの集まりやで」ってめちゃくちゃ言われてきました。でも多分、1番最初の方ってそうやったかもしれないです。どちらかというと私はわからへん、サロンメンバーも分からへん、だから皆さん参加してLILYさんがやってることをとりあえずやったらいいんだみたいな。LILYさんがAと言えばAみたいな。白といえば白みたいな感じで、もしかしたら参加してたかもしれない。

でも私はサロンメンバーさん達とずっと関わっているから、状態が分かっているじゃないですか。そんなこと言ったってみんなめっちゃ頑張ってるし、みんな自分の足で立とうとしている段階だからって思ってたんです。でも、自分よりも経験がある人にそういうこと言われると、ちょっと自分の中でも弱気になった部分もあって。自分が依存されてることは全くないと思ってたんですけど「なんかむしろ、みんなの為になってない事をしてるんかな?」っていう風に私自身悩んだ時期とかもあったんです。最終的にこのフィードバックは、ちょっと入って辞めていく人とかにも言われたことがあって。「皆さんのLILYさんに対する依存度が嫌やから辞めます」みたいな。

大きく立ち上がるためには誰かの助けが必要

ここ2年ぐらい言われてないんですけど、最初の頃はそういうことを言われたりしました。また来年分かることもあると思うんですけど、この3年間運営して分かったことがあって、人は最初誰かに依存しないと、立ち上がる時に思いっきり立ち上がれないんだということ。

別に私が依存されてるとかそういうことではなくて、誰かを頼ったり、誰かの真似をしたり、誰かを心の支えにして、この人を真似してみようとか。1回自分でその人のことを信じてやるぐらい信じてみるっていう段階を得た人は、めちゃくちゃ自分の足で立つんですよね。この3年で、もうそれがすっごいよく分かりました。だって、今は私が何かするっていうよりも、サロンメンバーが自発的にアウトプットしてくださって、ライブしてくださったりとか、コメントしてくださったりとか自発的な行動をしてくださってるんですよね。

それって、1番最初の時にあったようでなかったんです。コメントがあったとしても自分でライブする人とかいなかったし、LILYさんがやってるからやってみますみたいな感じの人が多かったところが、そこの段階を経たときに自分で考えて行動したり、自分で自分の思いを整理するようになってる人達がめちゃくちゃ多いんです。これを私は特に誰で感じているかというと1期生、2期生ですね。1期生、2期生の3年間の変化で1番感じているのがそれで、もう今、天から見守っている人みたいになってるんですよ。それがすごいなと思って。

子供もそうだと思います。1番最初って、「お母さんお母さん!」って言ってお母さんが居なかったら泣くとか、いないと不安だっていう状態が最初のころはあるけど、でもそれが4、5歳になってきて友達できたりとか、小学校行き出したりすると、お母さんより友達になったりするじゃないですか。あれも同じだと思ってて、最初は人、子供で言うとお母さんという存在に依存したり、信じたりする。けれども、そのうち自分の頭で考えるようになって変わっていく。その段階を知れたことが、私はこのオンラインサロンをやって1番良かったことやってめちゃくちゃ思うんですよね。

例えば今自分で何かを始めた人で、応援してくれる人がついてきてるって感じてらっしゃる方で、でもなんかすごい頼られているなって思う人がいたとしたら、大丈夫です。そのうちその頼ってくれてる人たちが、逆に母みたいな存在になってくるから。 最初は自分を先生にしてたのが、そのうち逆にLILYを育ててくれたみたいな人になってきているので、すごい面白いなと思いました。

Return Top